OB交響楽団の happy CAFE

OB交響楽団 第180回定期演奏会

OB交響楽団第180回定期演奏会

日時: 2012年 10月14日(日) 13:30開場 14:00開演
場所: かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール
指揮: 田久保 裕一
曲目: ワーグナー    楽劇「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
    メンデルスゾーン 交響曲第4番イ長調「イタリア」 op.90 
    R・シュトラウス  交響的幻想曲「イタリアから」 op.16

チケット等はこれから出来上がります。
どうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

OB交響楽団はどこのOBか⁈

OBって、一体どこのOBなの?
イヤイヤ、そもそもどこのって書いてないし、何かの略なんじゃない?
そんな会話を、先日耳にしました。
創立75周年ともなると、私も含めて、創立当時のことを知っている団員もそうそういる訳ではありませんf^_^;)
聞いた話では、卒業してからも音楽を続けたいと願う当時の大学生有志が、大学の枠にとらわれずに集まり、始めたのが、OB交響楽団の始まりだったそうな…
つまり、大学名は関係無く、皆の共通点が、どこかのOBだということだったようです。
今では各大学や団体それぞれがOBの団体を作るため、分かりにくくなってしまいましたが、75周年も続いたこの楽団名は、これからも変わる事はないでしょう。

Rシュトラウス イタリアから

先日の練習で泣きそうになった、というより茫然とするしかなかったRシュトラウス、まさに千里の道を一歩から練習するしかないのですが、そんな中で、気付いた事があります。
それは、とても計算されて出来ている曲なんだ、ということ。当たり前、と思われるかもしれませんが、一つ一つの楽器の特徴が、自然に表現出来るように作られている感じがします。個々の楽器がそれぞれの良い音で結集したら、素晴らしい aus Itarienになるのでしょうね。
とにかく、難曲だけど、練習しがいのある作品です。
やる気が湧いてきました(^O^)/