OB交響楽団の happy CAFE

シンフォニーを演奏すること

今さら何を言い出すかと思えば・・・
という事かもしれませんが、シンフォニーを演奏するって、どういう意味があると
思いますか?
100年も前に作曲されて、星の数ほどのオーケストラに何度も演奏されて、
それでもなお、私達は、シンフォニーを演奏するのです。
なぜでしょう?
そこには、ただ単にプロの演奏家の真似事をするだけでなくて、
自分たちなりの響きや感動や、満足感を求めたいという、無限大な気持ちが
働いているからなんだろうなあ。まあ、シンフォニーに限りませんが・・・
チャイ1とシベ1を練習していて、真似事さえ難しそうな自分の音に、
ふと考えてしまったのでした。
冬の日の幻想ならぬ、猛暑の中のたわごとです(*^^)v


スポンサーサイト