OB交響楽団の happy CAFE

マーラーの交響曲4番

マーラーのシンフォニー4番は、4楽章でソプラノ歌手が、天上の音楽、
天国での何不自由ない生活を歌い、最後はフッと消えるように終わります。
幸せな死を迎えたとでも言うのでしょうか。
歌手の方とはまだ合わせていませんが、歌が入るとまた、
イメージも変わるのかもしれません。
楽しみです。



スポンサーサイト